マーケティングオートメーション コンテンツ制作/顧客事例/住まいのコンテンツ制作

はぐくむブログ

アシスタントべっとうのブログ

お家でだってサクサク仕事がはかどる!リモートワーク術!

投稿日:

ここ数ヶ月の間に、新型コロナウイルスの影響で世の中の働き方が激変しました。

突然の在宅勤務の要請で、戸惑う方も多かったと思います。

私は普段から、自宅の作業部屋で文字や動画の編集作業をしています。働き方が在宅ベースになってからかれこれ10年近く経ちました。そのときどきで、課題にぶつかり模索することもありましたが、今ではほとんど悩みなく仕事ができています。

皆さまのおかれている環境はさまざまなので一概には言えませんが、今日は、お家でだって快適に仕事ができるリモートワーク術を、私なりに書いてみようと思います♪

本題にいく前に、ちょこっとだけ自己紹介。

・エステティシャン出身のフリーランスの編集者です。

・30代半ばで結婚・出産し、夫と3人の子どもがおります
(長男10歳・長女8歳・次女5歳)

・リモートワーク歴は約10年です

リモートワークにはこの3つが大事(だと思います)

まずは! 自宅内の環境整備

例えばですが、子育て中のご夫婦が突然家で仕事をするとなると「子育てと仕事を自宅内でどうやって両立するの?」など在宅での仕事に不安を抱く方がほとんどのようです。普段、会社勤めの方には想像もつかないですよね…。

実際の自粛期間は、子どもたちの休校や休園でヘトヘトになった方々もたくさんいると思います。そんな状況も踏まえて、まずは、自宅でもできる限り仕事がしやすい「自宅内の環境整備」が必要ではないでしょうか。

緊急事態宣言が解除され、少しづつ出社モードに切り替わっていますが、今後も何が起きるか分からない世の中です。在宅勤務をせざるを得ないときが再び到来する可能性も含め、自宅内で仕事ができる環境を少しづつ整えてみませんか?

仕事柄、リノベーション関連の取材に行くことが多いのですが、自宅内にワークスペースをつくられる方が増えています。リビングや寝室の一角にワークスペースを造作し、ゆるやかにゾーン分けしておくことで「ここは仕事のスペースだよ」と子どもたちにも認識させることができますし、自身の気持ちの入れ替えもしやすくなるのではないでしょうか。

ちなみに私は、新居探しの際、ワークスペースと生活スペースを分けられる間取りの物件を選びました。1階はワークスペース、2階は生活スペースと完全に空間を分けています。なので自粛期間中は、子どもたちに「行ってきまーす・ただいま〜」と声をかけるようにしていました。自然と子どもたちも「いってらっしゃ〜い・おかえり〜」と言ってくれるようになりました(笑)

次に、ツールの導入

企業で働く方は会社から支給されるかもしれませんが、自宅で仕事をするためには、PCとインターネット環境、そして会社やお客様などとやり取りをするツールが必要です。

会社と自宅を行き来する必要がある皆さんは、ノートパソコンとネット環境が整っていれば、SkypeZoomで打ち合わせや会議ができます。

普段私は、チャットワークでチームの方や外部の方とやりとりをしています。共有するファイルをGoogle drive等で管理し、いつでもどこでも共有できるようにしています。サイズの大きいものに関しては、データファイル便やYouTubeなどを使えば、送付・受取・確認ができますので、基本会わなくても仕事ができるのです。

ツールを導入し活用することで、スムーズなリモートワークが実現します。

その次に大事なのは、心得。

在宅ワークをしていると、よくママ友に「家でよく仕事ができるね〜。私だったら全然集中できないと思う〜」「家だと、いろいろ他のことやっちゃいたくなるよね〜」などのコメントをもらいます。

そうかな??と私はいつも思います。

通勤ラッシュのストレスもなく、自分のペースでやるべきことをすすめられるのでとても最適です。

在宅ではできないお仕事がたくさんあるなかで、したくてもできない方が多くいらっしゃいます。むしろ、在宅で仕事ができることに感謝する毎日です。

ですから、どこにいても仕事は仕事。プライベートはプライベート。モチベーションをキープする工夫をしながら、仕事と日常生活のスイッチを入れ替えらる気持ちが大事だと私は思います。

これまで出版社や映像会社に勤めていたこともありますが、会社にいれば毎月のお給料は確保できますが、仕事に集中でき、効率よく働けるとも限りませんでした。
完全に余談ですが、かつて出版社に勤務していたときは、部署の上司と必ずランチに行くのが掟。午前中のうちにやってしまいたい作業の手は止まるし、お財布からお金は出ていくし、ごちそうになることもしばしばありましたが、絶対外食だったので正直しんどかったです。

リモートワークなら、仕事の時間を自分のペースで有効に使えます。

おまけ

今「自粛太り」も話題ですよね。営業マンや毎日通勤してた方は自宅勤務となるとかなりの運動不足になるので適度な運動も必要ですよね。朝少し早起きしてウォーキングやランニングをしてみるとか、夕方少しお散歩してみるとか。youtubeで配信されているエクササイズを休憩時間に取り入れてみるとかでもいいですよね。

あと、ながら食べはしない!と決めるとか(笑)

いろいろと、自分次第の部分も大きいので「自己管理」の訓練期間にもなるかも?

私はワークスペースにヨガマットを用意して、疲れたな〜と思ったら軽くストレッチするようにしています。仕事の効率を上げるためにも気分転換はとっても大事。

あと、イスだけは長時間座っていても疲れにくいイスを選んでいます。

以上、個人的な所見の部分もあると思いますが、少しでもお役に立てればうれしいです。

-アシスタントべっとうのブログ

Copyright© はぐくむブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.